浮気調査の考え方

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、一緒に住んでいる意味が無いくらいに、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を請求することができません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、歳や婚姻年数など全体的にみて裁判官が判断します。まず探偵について見てみるならば、怪しむ人のないように慎重に慎重を重ねて目立たないように調査を進めるのに対して、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、先に自分の所属を明かして表立ってリサーチを行うようです。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、興信所の方は情報収集に向いていると、おおまかには考えられます。浮気の裏付けがSNSでばれてしまうこともあります。一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますのでパートナーも無意識のうちに、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに公表している場合もあるのです。相手のアカウントに気づいているのなら調べてみて下さい。結婚相手の浮気調査を委託する場合、支払う料金が低過ぎたり、 または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、より細かな料金プランが提示されていて、追加の調査料を払わなくて済むような探偵事務所が望まれます。浮気調査 費用